ひまわりバスカード


ICカード乗車券 > 九州・沖縄

ひまわりバスカード(表)
ひまわりバスカード(表)
ひまわりバスカード(裏)
ひまわりバスカード(裏)

名称

ひまわりバスカード

2001年9月20日供用開始

発行事業者

北九州市交通局 http://www.city.kitakyushu.lg.jp/kurashi/menu01_0502.html

Wikipedia

名称由来

利用可能エリア

  • 北九州市交通局バス

利用可能機能・付加機能カード種類

  • 回数券(黄緑色にキタッピーのイラスト)
  • 定期券(黄緑色に大きなひまわりの図)
  • ふれあい定期券(水色にひまわりとキタッピ-のイラスト)
  • 一日乗車券(大人用(赤色にキタッピーのイラスト)・子供用(?))

規格

ISO/IEC14443 TYPE-A(MIFARE)

備考

  • 旧・若松市が運営していたものが合併により、北九州市交通局運営となった。そのため、運行はほぼ北九州市若松区・戸畑西区など(一部路線は、都市高速を経由して小倉北区へ乗り入れ)となっている。北九州市のほぼ全域では西鉄バス北九州の方が多い。
  • カード表面の表記は「ひまわりバスカード」、カード裏面の表記は「ICカード回数券」、ウェブサイトの表記は「ICバスカード」となっており、どれが正式名称なのか不明。
  • 回数券タイプや一日乗車券タイプに描かれているキャラクターは、北九州市交通局のマスコットキャラクターである「キタッピー」。
  • 一日乗車券タイプにもデポジットが導入されており、たとえ1回の利用でも窓口にて返却をする必要がある。
  • 旧デザインカードでは、回数券タイプのみであり、黄色の背景にひまわりのイラストが描かれたデザインであった。